KidsDesignSchoolのブログ

スクール代表の久保雅子が綴る『クリエイトする力』を育てる習慣について

【一歩引いて全体を見る力】デザインに大切なこと

人は何かに集中した時、

ついつい目の前の事だけにとらわれがちです。

見落としがちなのが、

一歩引いて全体を感じて見る力。

先日、ニューヨークで食べたNYチーズケーキが印象的だったので

例に例えてご紹介します。

このチーズケーキ、私が普段見かける事の多い甘くて優しいチーズケーキとは違い...

とても塩気が強くて、 (個人的に塩気は好きな方ですが、それでも強く感じました)

とてもこのチーズケーキ単体では食べきれないほどの味の個性を放っていました。

しかし、サイドに飾り付けてあるベリーと一緒に交互に食べると....

ケーキの塩気を、新鮮なベリーの水々しさでバランスを整えてくれて

とっても美味しいのです!

不思議とまた同じ場所で、

同じ味を食べたくなる

“印象に残る”デザートでした!

意外性のあるサプライズが、

強い印象を残してくれました。

デザインにも同じことが言えます。

個性の強い色や素材も、

その背景を知ったり

合わせて組み合わせていくものを変えることで

柔らかい印象や、大人っぽい印象など

自由自在にイメージを変えて創りあげる事が出来ます。

大切なのは、

自分が『どこに向かいたいか』なのです^_^

選択肢は無限にあります。

無限にあるからこそ、

目の前にある材料の良さを活かして

いかに描いた『ゴール』に辿り着ける

プロセスを構築していけるかが大切です。

そして完成したものが、

その街の景色や、場所のコンセプトに合っていると

ライフスタイルの調和を感じられて

とても美しいものになります。

真剣な時こそ、

一つの点でモノを見てしまいがちですが

一つの点が他の点と繋がり、

線として大きく繋がっていくイメージを創造することが

未来の可能性を広げてくれますね。

創造的な思考を大事に過ごしていると、

年齢や環境は関係なく

自分らしい目的のために

活き活きと成長していけます。

一歩引いて全体を見る力。

一生懸命に取り組んでいる時こそ、

より意識して行いたいですね。

子供デザイン教室 KIDS DESIGN SCHOOL