KidsDesignSchoolのブログ

スクール代表の久保雅子が綴る『クリエイトする力』を育てる習慣について

【こどもとファッションデザイン】創る力について

私達は、“考え方を学ぶ”“学び方を学ぶ” 場所を実現したいと思いレッスンを進めております。

まず考える力って、なんのために必要なのか?というお話になりますが「幸せに自分らしく生きるため」に必要だと思うのです。

やりたい事を実現するためにはクリエイトする力が必要だし、 取捨選択を自分の意志でしていくセンスが必要です。

ファッションデザインの考え方には、ブランドコンセプトがあってシーズンコンセプトがある。

ブランドコンセプトはブランドの軸をしっかり体現するブランドの考え方のようなものです。 ここにデザイナーのキャラクター性も出てきます。

シーズンコンセプトは、ブランドコンセプトを軸に、更にそのシーズンならではのコンセプトを決めたものです。 これは毎シーズン変化します。 社会情勢や人々の暮らしの変化、心の動きも影響してきます。 こちらのシーズンコンセプトによって、いわゆる“今年のトレンド”と言うものが見えてきます。

更に1つ1つのアイテムに、 商品としてのデザインコンセプトがあり、 その商品ひとつひとつの役割が発揮される事によってブランド全体のコンセプトやシーズンコンセプトを表現出来ます。 この全体と個を見る力が自然と身についていく事が、すなわち考える力・生きる力に活かされていくのではないかと思っています。

何かを考える時、 一点だけを見ていると見落としてしまう事が多くあります。 視点を引いてみる事で見えてくる全体像があります。 抽象的な事だけでは現実を生き抜けない。 しかし目の前の事だけを見ていても、 新しい景色は見られません。

大切なのは抽象と具体を行き来する力を発揮しながら、柔軟に脳を使っていくことです。

ファッションデザインの根本にある考え方は、 生きていくあらゆる場面で役立っていきます。

思考が自由で在ることは、 選択をクリエイティブにしてくれます。

豊かな暮らしを実現する クリエイティブエデュケーション。

これからも皆さんと一緒に たくさん楽しい時を重ねていきたいです。